ロングテール対策について

インターネットでネットショップなどを運営している方は、ロングテール対策という言葉を聞いたことがありませんか
商品の売上に関わるIT用語ですから、無視するわけにはいかないでしょう。

 

ネットショップには限りませんが、お店には売れ筋のヒット商品が何かしらあるはずです。

 

他の商品の売上が少しでも、売れ筋の商品があるおかげでお店の収益にバランスがとれているのです。

 

 

一方で、お店をやっていると、売上が少ない割には長年ぼちぼち売れ続けている商品があることもわかってきます。

 

爆発的には売れないものの、決して無視できない売上を出している商品です。

 

そのような、長く売れ続けている商品をロングテールと呼んでいます。

 

「長いしっぽ」を意味するロングテールは、売上グラフでしっぽが長く伸びている姿を表すので、その名で呼ばれています。

 

販売個数が少なくても、売上が全くないわけではないことがわかります。

 

マーケティングでは、ロングテール商品の売上対策に目を向けています。

 

大ヒットしている商品が売上の上位20%を占めているとすると、ロングテール商品の売上は残りの80%だといわれています。

 

これを「20対80の法則」といって、研究が進められているのです。

 

全体の80%の売上を上げる対策がとれれば、もっと効率よく売上を伸ばせるというわけですね。

ロングテール対策と外部リンク

ロングテール対策に窮してしまったら、ちょっと落ち着いて自分がユーザーになった気持ちになってみましょう。

 

もしもあなたが検索をするときに、不要なサイトばかり現れて目的のサイトにたどり着けなかったら、どんな気分になりますか?
ストレスがたまりまくって、不愉快な気持ちになるのではないでしょうか?
アクセスしたサイトが、用を成さない手抜きだらけのサイトだったとしても、疲れてしまいませんか?
結局のところ、ユーザーが求めているものは、自分の検索したものが簡単に見つかるサイトです。

 

つまり、ロングテールSEOの効果を高めるには、ユーザーにとっての有益性を考えることが大切なのです。

 

 

SEO全般にいえることですが、ロングテール対策でも従来のようにリンク数を増やすことで検索順位を上げようとする人がいます。

 

しかし、ロングテール対策には特に、大量の被リンク数は必要ないのです。

 

むしろ、サイト内の関連記事を内部リンクさせることが、効果を生み出します。

 

内部リンクの数は、増やしても構わないと思ってください。

 

コンテンツを充実させるのに時間を費やさなければなりませんが、そのぶん外部リンクを増やすことに奮闘しなくても済むのですから楽勝ですね。

 

自分のサイト内で関連する項目を見つけて内部リンクさせればよいのですから、簡単です。